ライン

失語症のリハビリ・言語訓練がいつでもどこでも簡単に!「言語くん 自立編2」

携帯型会話補助装置兼言語訓練器・言語くん自立編 お問い合わせはこちら 失語症・言語障害のリハビリ、言語訓練、会話補助に「言語くん自立編」

HOME言語訓練について > 事例紹介
言語くん自立編2による訓練と失語症検査の評価事例

今回、「言語くん」ご利用者のなかからご協力いただいて、2年半にわたり「言語くん」による訓練を行い、三度のWAB検査を行ないました。

その結果、「ご利用者WAB検査結果」のとおり、失語症指数で22.4から45までに回復いたしました。

詳細は以下をご覧ください。

 

「言語くん」ご利用者WAB検査結果

  自発話 話し言葉の理解 復唱 呼称 読み 失語症指数
H.21.4.11 3 5.7 2.7 1.3 3.3 22.4
H.21.10.11 8 5.7 3.8 4.6 4.4 44.2
H.23.9.2 9 5.7 3.8 4 7.2 45

 

ご利用者WAB検査評価

昭和20年生 67歳 発症:H.19.3.31 病名:脳出血

 重度な右片麻痺と失語症で発症。約150日間の回復期リハビリを経て、自宅復帰をされた方です。

 平成21年4月11日のWAB失語症検査では、重度な混合型失語症を認めました。
自発語は「ちくしょー」や「ダメだ」等の感情語や常套語が中心で、自発話で意思を伝えることは困難でした。

 この半年間、「言語くん」での自主訓練は「2文字〜4文字」にかけての「呼称」と「音読」を行い、学習した単語を最後に「書き取り」(写字)とその音読を必ず行って頂きました。
尚、初回評価の失語症指数は22.4でした。

 平成21年10月11日に行ったWAB失語症検査では、それぞれの言語能力に改善が見られ、特に「表出面」で顕著な改善が認められました。
失語症指数も44.2と向上しました。

3回目のWAB失語症検査は、平成23年9月2日に実施しました。

 失語症検査結果は前表記の通りで、特に「読み」の能力が「7.2」迄向上し、顕著な改善が認められました。これは前述したように、「言語くん」での自主訓練を毎日40分、「呼称」と「音読」を行った後、学習した単語を最後に「書き取り」(写字)と、その音読を行って頂いた結果だと思われます。

 発症してから4年6ヶ月、「言語くん」での自主訓練を毎日40分行ってから2年5ヶ月が経過しました。このように、失語症は回復期を過ぎてからも、自宅での言語訓練を毎日継続して行うことで、緩徐に回復して行くものです。今回は一例ですが、「言語くん」を使用して自主訓練を行っている多くの方々から、実用面(表出面や理解面)での言語能力に変化が表れている症例を多く確認しております。

 自宅復帰された皆様、そしてSTの皆様、今後はリハビリ日数の制限等により、益々在宅でのリハビリが重要になって参ります。「言語くん」は、特に失語症(中等度〜重度)の方々に適した言語訓練器です。どうぞ、今後もご愛用下さいますよう改めてご案内申し上げます。

 

 

<<言語訓練について

10日間無料貸出しサービス実施中

失語症無料相談実施中!

ホームページの内容をまとめた印刷資料をご利用ください
資料のダウンロードはこちら


HOME言語くんって?言語訓練について利用者の声良くある質問無料貸出し購入のご案内



言語くんシリーズ

本製品シリーズは、財団法人群馬県産業支援機構より、
H17年度の「ものづくり技術振興事業補助事業」認定を受け開発しております。

シマダ製作所ロゴ株式会社シマダ製作所
〒379-0204 群馬県富岡市妙義町行沢264-1
TEL:0274-73-3044 FAX:0274-73-3131
お問合せ先:info@gengokun.com

Copyright (C) 2008 ShimadaManageDevelopment Co.,Ltd. All Rights reserved.